I7の解釈

I7、すなわち、C major scaleで、ド・ミ・ソ・♭シが出てきたときにこのコードをどう解釈するか。

本来 Iの和音 はI△7となるべきで、I7にある短七度の音(m7)は、C major scaleにはない音である。

つまりはどこかの調から借りていることになる。それが借用和音か、一時転調であるかはいまは問題としないことにする。

これがどこの調からの借り物であるかをどうやって決定するか、その考え方を書いていく。

C major scaleでX7が出てくるのは、V7(G7)だけである。そこ以外には出てこない。つまり、major scaleに対してはX7が出てくるのは、V7のみである。つまり、m7が和音に出てくるなら、これはどこかの調のV7だと考えられる。

例えば、C7であれば、これは、CのP5(完全五度)下のFから始まるmajor scale(F major scale)のV7であると考えられる。このようにX7に出くわしたら、P5下(iのP5下の調 = 下属調)のmajor scaleのV7ではないかとまず疑うのがよろしい。

I7が出てきたら下属調のV7。これをI7 = V7 of IVのように書くことがある。I7はivの音から始まるmajor scale(下属調)のV7ですよ、というわけだ。

II7の解釈

同じ理屈により、II7もiiのP5下の調(vから始まるmajor scale)のV7、すなわちV7 of V(属調のV7)とみなすことが出来る。

II7→Vという進行があったとしたら、これは属調で見るとV7→Iという進行である。

このことから、II7は、ドミナント(V)に対するドミナント、すなわち、「セカンダリードミナント」(第二級ドミナント、二番目のドミナント)と呼ばれる。

※ このあと説明するドミナント以外に対するドミナントも、ドミナントモーションを引き起こすので、これらも「セカンダリードミナント」と呼びます。典型的には、II7がセカンダリードミナントの代表格とされるので、これ以外はおまけ的な存在ですが…。

III7の解釈

III7もiiiのP5下であるviから始まるmajor scaleのV7とみなすことが出来る。すなわち、V7 of VIである。しかし、viから始まるmajor scaleは、現在の調の近親調にはない。属調の属調の属調なので、あえて書くならV7 of V of V of Vとも書けるが、これは近親調とは言わない。

だから、これは平行短調(viから始まるminor scale)のV7と解釈するのが普通である。

IV7の解釈

IV7もV7 of ♭VIIであり、これは下属調の下属調のV7であるからV7 of IV of IVのように書ける。ここが近親調であるかは難しいところだが、とりあえず近親調であると解釈しておく。

この和音はドミナントモーションで♭VII(♭VII△7)に行くわけだが、これがまさにナポリの和音なので、ナポリの和音に対するセカンダリードミナントとみなすことも出来る。ナポリの和音については後述。

V7の解釈

これは言うまでもない。借用ではない。

VI7の解釈

属調の属調のV7。VI7 = V7 of V of V。ここは近親調ではないが、II7が比較的使いやすい和音であるため、これに対してドミナントモーションを行なうための和音としてよく出てくる。 セカンダリードミナントに対するドミナント。

VII7の解釈

属調の属調の属調の属調のV7。ここも近親調ではない。平行短調のIIφがメジャー化した和音だと解釈するのが普通である。つまり、平行短調におけるセカンダリードミナントであると解釈する。

まとめ その1

  • I7 = V7 of IV(下属調におけるV7。IVに対するセカンダリードミナント)
  • II7 = V7 of V(属調におけるV7。V7に対するセカンダリードミナント)
  • III7 = V7 of vi(並行短調におけるV7)
  • IV7 = V7 of IV of IV(下属調の下属調におけるV7。あるいは後述するナポリの和音に対するセカンダリードミナント)
  • V7 = V7(そのまま)
  • VI7 = V7 of V of V(属調の属調におけるV7。IIやII7、IImに対するセカンダリードミナントとして用いられる)
  • VII7 = V7 of V of vi(平行短調におけるVに対するセカンダリードミナント。あるいは後述するドリアの和音)

それ以外のV7に対する考え方

以上でI,II,III,IV,V,VI,VIIに対する7thコードの解釈が終わった。

♭がつく、♭VII7とかどう解釈するの?って話になるのだが、まずさきほどの表で、長調のほうは、属調の属調、下属調の下属調のように、2つ離れた調までは出揃った。

すなわち、長調として解釈すると近親調ではないことになってしまうので、そこから借用しているとは考えにくい。ゆえに、これらは平行短調がらみであるか裏コードであると考えるのが自然である。

平行短調のほうは属調の属調、下属調の下属調が出ていない。vi minor scaleの属調の属調はvii minor scaleでこのV7は♭V7であり、これはあとで出てくる。vi minor scaleの下属調の下属調は、v minor scaleで、これのV7はII7になり、これは既出である。

II7がセカンダリードミナントではないケース

II7→Vと進行するならII7 = V7 of Vだと解釈してセカンダリードミナントだと言うことが出来る。しかし、II7→III7と進行するならどうだろうか。

III7は先にも書いたように平行短調のV7である。ということはII7は平行短調のIVm7がメジャーの和音化したものであるということが出来る。これはドミナントモーションのために必要なのではなく、単に響きが美しいから使っておけ、みたいな感じ(なのだと思う)

このII、もしくはII7(平行短調のIV7)は、ドリアのIVと呼ばれる。

この「ドリア」(Doria)は古代ギリシャの部族名らしい。教会旋法のドリアンモードのドリアであり、X dorian scaleではminor scaleからすると6度が半音上がるので(major scaleからすると3度、7度が半音下がる)、この和音のように「minor scaleで6度が半音上がっているのはdorian scaleを使っているからだ」と解釈し、ドリアのIVという名前がついているわけである。

♭VII7の解釈

まず♭VII7ではなく、♭VIIの説明からする。

♭VIIは和声学では平行短調のIIφのrootが下方変位(要するに半音下がった)したものだとみなされる。

これの第一転回形をナポリ音派が好んで使ったことからナポリの6(第一転回形だと最低音と最高音の間が6度となるため)と呼ばれている。Napoli はイタリアの都市名である。

ナポリの六度 - Wikipedia

ただし、ナポリの和音では4和音化するときに♭VII△7となる。M7でないとスケール音ではないからである。

このため、♭VII7は、普通はナポリの和音とはみなさない。

V7のトライトーン・サブスティテューション(いわゆる裏コード)と解釈されることが多い。裏コードについては次に書く。

裏コードとは?

♭II7は、iv音とvii音を持っている。これはV7のトライトーンと同じである。だからV7の代わりになるだろう、という適当さで用いられるのが裏コードである。

X7のrootをトライトーン離れたところに変更した7th chordが裏コードに当たる。

  • ♭D7の裏コードはG7
  • E7の裏コードはB♭7
  • F7の裏コードはB7
  • ♭II7の裏コードはV7 逆に、裏コードの裏コードは元のコードである。
  • G7の裏コードは♭D7

また、IIm→V7→Iという進行をIIm→♭II7→Iに変更するとベース・ラインの半音下降形が作れる。(これ以外の用法で♭II7を使うことはほとんどない)

よって、♭VII7は平行短調の♭II7であるから平行短調のV7の裏コードである。

♭II7の解釈

もうすでに出た。V7の裏コードである。

♭III7の解釈

VI7の裏コードである。

♭VIの解釈

II7の裏コードである。

♭V7の解釈

I7の裏コードである。

あるいは、平行短調の下属調の下属調のV7。V7 of IV of IV of vi。 長調でのVI7→II7→V7→Iは短調だと♭V7→♭VII7→III7→VIm。

まとめ その2

  • ♭II7 = V7の裏コード。頻出。
  • ♭III7 = VI7の裏コード
  • ♭V7 = I7の裏コード
  • ♭VI7 = II7の裏コード
  • ♭VII7 = III7(短調のV7)の裏コード。頻出。ただし、♭VIIだとナポリの和音かも知れないので注意。

裏コードなので長調・短調のV7の裏コードが一番使える。あとは…ぼちぼち。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-21 (日) 12:33:43 (1792d)