前説

移調に関するすべてで書いたように、初見能力のある人ならば移調奏自体はそんなに難しくはない。

基本的には、行き先は6つしかない。二度上(七度下)、三度上(六度下)、四度上(五度下)、五度上(四度下)、六度上(三度下)、七度上(二度下)である。

しかも、二度上と二度下はお隣りなので覚えるほどでもない。五度上、五度下はピアノ奏者ならば、左手で弾く和音としてしょっちゅう出てくる形なので当然、手が覚えているだろうし、三度上と六度上もピアノ奏者なら…(略) ともかく、なんとかなるだろう。

次に、移調奏が曲分析のときに役立つかという観点で考えると、まずC major scaleへの移調は一番簡単だし、ここに移調してしまえば、ドレミファソラシで考えることが出来るので初心者にとっては分析する上で一番やりやすいものと思われる。

ところが、曲の途中で転調している場合はどうだろう。

例えば、短三度上に転調するなら、転調前をC major scaleに移調して解釈するなら、転調後の部分をE♭ major scaleに移調しなくてはならない。これはなかなかやっかいで、このように移調すると#や♭がたくさんつく調になってしまい余計に理解しにくいことがある。転調後の部分もC major scaleに移調したい。

しかし、そうしてしまうと、転調する小節において、いまの調でのVの和音が次の調のIの和音でもある、というように二つの意味を持つことがあるわけだが、その部分が理解しにくくなる。この部分を無視して、転調後の部分もC major scaleに移調して曲を分析するのはアリだとは思うが、やや、まどろっこしい感じはする。

そこで、移動ドで考える訓練が必要になるという理屈である。

移動ドで考えることが出来るなら、この調のVの和音は次の調のIの和音だな、というように理解することは容易である。

移動ドで考える訓練の弊害

絶対音感のある人は移動ドで考える訓練をしようにも、「この音は“ファ”にしか聴こえない。」とか言い出して、なかなか訓練が進まない。逆に絶対音感のない人に移動ドで考える訓練をさせると絶対音感がいつまでたっても身につかない。固定ドでの音名を間違ったまま覚えてしまう。

本当は絶対音感を身につけてから、然るべき指導のもとに移動ドで考える訓練をすべきだとは思う。

移動ドの読み方を変えてみる

ともかく、絶対音感がある人もない人も、移動ドで考える訓練はいろいろ弊害があるので代わりの方法を考えてみたい。

結局のところドレミファソラシは、固定ドで考えるときだけに用いて、移動ドで考えるときには別の読み方をするのが良いのではないかと思う。一例としては、ドレミファソラシの代わりに1,2,3,4,5,6,7にするだとか、c,d,e,f,g,a,bにするだとかである。

後者はcとシが紛らわしかったりするので、数字にしておけばそういう混同はないと思うが、「さん、いち、よん、ろく、ごー、なな」とか言っていると音符が読みにくくて仕方がない。二文字なのがよろしくない。

そこで、「い、に、さ、よ、ご、ろ、な」と一文字化して考えることにする。4を「よ(よん)」と読むのは、「し」と読むとシと混同するからである。

これは、なかなかいいアイデアではあるが、臨時記号をどうするかという問題がある。適当な文字を割り当てるか、頭のなかで「5#」のように思っておくかである。

頭のなかでだけ考えておく方法

実際に読み上げると固定ドでの実音と紛らわしくなるので移動ドを頭のなかでだけ考えておくのも一つのやり方である。

例えば、G major scaleでソラシというメロディがあったとして、これをそのままソ、ラ、シと読み、頭のなかでド,レ,ミに相当するものとして考えるに留める、というやり方である。

これであれば新たな読み方は必要ないし、固定ドと混同することもない。ただ、訓練に多少時間がかかるかも知れない。

この方法はまどろっこしいと思われるかも知れないが、結局はこれに類する訓練はしたほうがいいと思う。根拠は次で述べる。

転調のための訓練

転調において、転調前と転調後の二つの調から見て(それぞれの調の移動ドとして考えて)その音が何であるのかというのが問題になる。

つまり、一つの音に対して転調前の調での(移動ドによる)レで、転調後の調での(移動ドにおける)ソ、みたいに二つの音名が割当たる。

転調部について考えるときは、このように一つの音が多義的に解釈されるので、上手に転調しようと考えたときに、このように一つの音に対して頭のなかで瞬時に二つの音名が浮かぶような訓練をしてあると自然な転調部が書ける。(かも知れない)

頭のなかで瞬時に12の調それぞれでの音名が浮かぶような訓練をしてあると、あるメロディラインに対してそのメロディがマッチするような和音を持つ調を瞬時に列挙できる。(かも知れない)

そこで、結局は実音(固定ドでの音名)とは別に、12の調での移動ドでの音名を同時に思い浮かべられる訓練はしたほうが良いということになる。

移動ドに対する批判として「現代音楽のような調の確定しない楽譜に対して移動ドだと対応できない」というものがよく挙げられるが、ここで言うトレーニング法は、移動ドのみで考えているわけではなく、固定ド+現在の調で移動ド+転調後の調での移動ドというように同時に多義的に解釈する訓練をしているので、そう言った批判は当てはまらない。

まとめ

  • 固定ドでの音名を言いながら頭のなかで移動ドで考えられる訓練をしよう。
  • 演奏しながら頭のなかで和音の度数(IVM7とかV7とか)を考えられる訓練をしよう。
  • メロディが現在の和音に対して何番目の音であるかを考えられる訓練をしよう。(→メロディに働く重力)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-21 (日) 12:33:44 (1792d)