C = 「Cメジャー」の由来について考える

C major scaleは、自然倍音に近いスケールとなっており、このことから「major scaleは、自然倍音に近く、よく使われる(majorなほうの)スケールである」と説明されることがあります。

この説はたぶん正しいと思うのですが、そのあとmajor scaleが成立したあとピアノが作られ(C major scaleの音が白鍵に並ぶように)、ピアノ譜が書きやすいように楽譜がいまの形になったので、結局のところ、major scaleを楽譜をベースとして考えるほうがわかりやすいと思います。

つまり、major scaleは長三度、長六度、長七度という長音程(majorの音程)がふんだんに使われているのでmajorであると考えたほうがコードネームが理解しやすくなります。

C7 = C + m7なのは何故なのか?

CメジャーとCマイナーの和音のコードネームについて考えてみましょう。

三度が長三度になるか短三度になるかで和音の性質ががらっと変わるので、三度が長三度(major 3rd)であるか短三度(minor 3rd)であるかをコードネームを書くときに真っ先に表したいです。

このCメジャーとCマイナーのコードをCM、Cmと書く流儀があります。(ギター譜とかで)

5度は完全五度が選択されているなら、これはrootの3倍音なのであまり和音の性質を決定づけるものではないので、4和音において3度の次に重要なのは7度です。

この7度が長七度であるか短七度であるかによって、M7とm7を書かないといけないことになります。

つまり、このとき、さきほどの流儀だとM3 + m7だとCMm7のように書くことになります。

文字数が多いので、三度のときのMは省略するという規則を考えてみます。そうするとCM7と書かれていればC + M7だとわかります。しかし、短三度+短七度が選択されているときは、Cmm7と書かなければなりません。

うざいですね。ところが、短三度のmを省略することにしてしまうと単にCと書いたときにCメジャーの和音なのかCマイナーの和音なのかわかりません。ですので、M3のMを省略するならm3のmは省略できないということがわかります。

次に、じゃあ、七度のほうもMは省略していいのではないかと思われるかも知れませんが、そうすると、Cm7と書いてあるときにCm + M7の意味なのか、CM + m7の意味なのかが確定しなくなってしまいます。

そこで、三度のほうで省略したほうとは異なるほうを七度では省略しないといけないということになります。

これらの理由から、三度で頻繁に使う和音は長三度(M3)のほうなので、三度ではMは省略、七度ではMとは違うほう(短七度のm)を省略するという規則が誕生しました。

ほとんどの和声学の入門書のコードネームの説明ではこの部分の説明が欠けているので、三度のMと七度のmを省略する合理的な説明がないままになっており、そのため、CM7と書いてあるコードをCM + m7と誤解する人が後を絶たちません。

結論

現代のコードネームの規則には以上のような合理性があります。この部分を理解すれば自ずとコードネームが理解できます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-21 (日) 12:33:43 (1737d)